動画

【filmora】動画を出力する方法、保存する方法

動画編集ソフト「Filmora」で作った動画を保存する方法や、PCやYouTube、DVDなど各種媒体に出力する方法を紹介しています。動画の出力方法や保存方法が分からない人は参考にしてください。

Filmoraにおける保存と出力とは

Filmoraには、作成した動画をセーブする機能として「保存」と「出力」の2つがあります。以下では、保存と出力の概念について解説しています。

保存とは?

Filmoraにおいて「保存」とは、動画を.wfp形式のプロジェクトファイルとしてセーブすることを意味しています。この .wfp形式のプロジェクトファイルは、Filmora内でのみ開くことができるファイルであり、この形式のままYouTubeにアップしたり、MediaPlayerなどの動画再生ソフトで再生することはできません。

あくまでも、Filmoraで編集中の動画を一時的にデータをセーブし、Filmoraでデータを開いて再度編集の続きを行うような目的で使用する機能です。

出力とは?

Filmoraにおいて「出力」とは、Filmora以外のシステムでも閲覧できる形式に変換する機能です。例えばMP4やWMVファイルとして自分のPCに保存したりすることはもちろん、YouTubeやVimeoなどの動画配信サービスにその場でアップロードすることも可能です。もちろん動画をDVDに焼くこともできます。

動画を「保存」する方法

動画を保存する方法は簡単です。ファイルメニューから「プロジェクトを保存する」あるいは「プロジェクトに名前をつけて保存する」を選択し、データの置き場所を選んで保存すればOKです。

動画の保存方法

▲操作パネルの「ファイル」から「プロジェクトを保存する」を選べばOK

動画を「出力」する方法

動画を出力するには、まず操作パネル内の「出力」ボタンをクリックします。その後、動画をどこに出力するのかを選択します。出力先としては、ローカル(自分のPC)・デバイス(自分のiPhoneや各種スマートフォンなど)・YouTube・Vimeo・DVDがあります。自分の目的に応じて出力先を選びましょう。

filmoradvdの焼き方

▲動画が完成したら、操作パネルの「出力」をタップ

動画の保存方法

▲出力先や動画のフォーマットなどを選択して「出力」をクリック

無料プランで動画を出力する方法

Filmoraの無料版を利用している方から「無料版なので出力ができない」といった声を聞くことがありますが、無料プランを利用していても、有料版と同じように、PCやスマートフォン、YouTubeやDVDに動画を出力することができます。

ただし、無料プランで動画を出力した場合には、出力された動画内にFilmoraの製品ロゴが表示されるので、それが嫌な場合は有料版へ移行する必要があります。

▶ 関連記事:Filmora のロゴを消す方法

以下は、無料プランで動画を出力する手順になります。

filmoradvdの焼き方

▲動画が完成したら、操作パネルの「出力」をタップ

filmoradvdの焼き方

▲無料プランの「アカウントを継続使用」をクリック

動画の保存方法

▲出力先や動画のフォーマットなどを選択して「出力」をクリック

filamora有料と無料の違い

▲ただし完成動画にはこのような製品ロゴが表示されるのでご注意を

Filmoraの使い方

[filmora]

-動画

Copyright© あったかい水 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.