動画

【キネマスター】音楽の入れ方を解説~iPhone編【KineMaster】

この記事では、キネマスター(KineMaster)を使って動画に音楽や音声を入れる方法を紹介しています。キネマスターを用いて動画編集をする際に参考にしてください。なおここでは、iPhone(iOS)版のキネマスターの使用を前提としています。

キネマスターで音楽を入れる方法

音楽をつける手順

キネマスターでは、簡単に動画に音楽や音声を挿入することができます。手順としては、①編集画面の「音楽」をタップし、②使いたい音楽ファイルを指定するだけです。

キネマスター編集画面 キネマスター編集画面
① 音楽(音符のアイコン)をタップ ② 音楽ファイルを指定

音楽ファイルの指定方法

音楽・音声ファイルは、以下の8つの方法により選択可能です。

アセット キネマスターの提供する楽曲を動画に入れることができる
効果音のアセット キネマスターの提供する効果音・SEを動画に入れることができる
録音 その場で録音した音声を動画に入れることができる
内部ストレージ キネマスターにエクスポートした音楽・音声ファイルを動画に入れることができる(※詳細は後述)
プレイリスト iTunes内のプレイリストから楽曲を動画に入れることができる(※ただしデジタル著作権管理DRM保護つきファイルは使用できない)
アルバム iTunes内のアルバム一覧から楽曲を選択し動画に入れることができる(※ただしデジタル著作権管理DRM保護つきファイルは使用できない)
アーティスト iTunes内のアーティスト一覧から楽曲を選択し動画に入れることができる(※ただしデジタル著作権管理DRM保護つきファイルは使用できない)
楽曲 iTunes内の楽曲一覧から曲を選択し動画に入れることができる(※ただしデジタル著作権管理DRM保護つきファイルは使用できない)

どの方法でも音楽・音声を入れることができますが、全行程をスマホだけで完結させたいのなら、音楽ファイルをキネマスターの「内部フォルダ」にエクスポートして使用する方法が手軽でおすすめです。

iTunesを介する場合(プレイリスト/アルバム/アーティスト/楽曲)は、たとえばPCにて素材サイトからダウンロードした音楽ファイルをiTunesのライブラリに取り込んだ後キネマスターで楽曲を選択する、というようにスマホだけでは作業が完結せず、PCも使わなくてはならない点がやや面倒です。

またアセットは、特に音楽にはこだわらないという人にはおすすめですが、やはり選べる楽曲数に限りがあり、表現の幅が狭まってしまうのが難点です。

実際に動画に音楽を入れてみる

では、実際にキネマスターで実際に音楽を入れてみましょう。なおここでは、著作権フリーの音源素材配布サイト「NCS」からダウンロードした楽曲を動画につけてみます。

音源ファイルをダウンロード&転送

まず音楽ファイルをダウンロードし、それをキネマスターに転送します。ポイントは、ダウンロード時にエクスポート先に「KineMaster」を指定することです。以下で手順を確認してみましょう。

NCSトップページ

▲YouTubeで「NCS」と検索し、NCSのチャンネルページを表示させましょう。動画を閲覧しどの曲を使うか決めましょう。

NCS詳細画面

▲気に入った曲が見つかったら、動画の詳細情報を開き、「Free Download」の横に記載されたURLにアクセスしましょう。

楽曲ダウンロード画面

▲FREE DOWNLOAD の横にあるダウンロードボタンをタップしましょう

楽曲ダウンロード画面

▲画面右上の「…」をタップ

楽曲ダウンロード画面

▲画面下部に表示される「エクスポート」をタップしましょう

ファイル転送画面

▲並べられたアプリアイコンの中から「その他」を選択しましょう

ファイル転送画面

▲そして「KineMasterにコピー」をタップ。これでキネマスターの内部フォルダに音源ファイルが入りました

キネマスターで動画に音楽をつける

あとはキネマスターの編集画面で動画に音楽をつけるだけ。手順は以下になります。

キネマスター編集画面

▲キネマスターの編集画面にて「音楽」をタップ

キネマスター編集画面

▲「内部ストレージ」をタップし、さきほど転送した曲を選択

キネマスター編集画面

▲ 動画に曲を入れることに成功しました!!

-動画

Copyright© あったかい水 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.