動画

【キネマスター】アニメーションの作り方【KineMaster】

キネマスター(KineMaster)を使って、絵や文字をアニメーションさせる(動かす)方法を紹介します。アニメーションの作り方を覚えれば、動画内の字幕を凝った見た目にしたり、人気のゆっくり実況のような動画も作れるようになります。ぜひご一読下さい。

キネマスターにおけるアニメーションの作り方

まず、キネマスターで絵や文字をアニメーションさせる(動かす)方法として、大きく分けて以下の2通りの方法があります。

・手動で絵や文字をアニメーションさせる
・アセットのアニメーションを活用する

 

「手動で」やる場合は、対象のオブジェクトのタイムライン上の始点・終点における配置場所を指定してやることによって、アニメーションを生成することができます。

「アセット」を使う場合はより簡単で、予め用意された動きのある文字やイラストを選択するだけで、動画にアニメーションを入れることができます。

それぞれの詳細を以下に説明します。

手動で絵や文字をアニメーションさせる方法

手順

① 動かしたい絵や文字をレイヤーに追加する
② 追加したレイヤーを選択した状態で、左側の「鍵マーク」アイコンをタップ
③ タイムライン上に編集点を追加
④ 編集点ごとの絵の配置場所を指定する

 

上の手順によって好きな絵や文字を動かすことができます。

詳細を以下に説明します。なおここでは、猫のイラストが画面左上から真下に降りてきて、その後右端に向かって移動する、というアニメーションを作ってみます。

①絵(や文字)をレイヤーに追加する

編集画面にて「レイヤー」をタップし、「メディア」を選択。その後「写真」をタップして、スマホに保存してある画像の中から使いたい画像を選択します。(なお、文字を動かしたい場合は、レイヤー → テキスト と選択して好きな文字を入力します)

キネマスター編集画面 キネマスター編集画面
▲編集画面にてレイヤー → メディア → をタップして写真を選択 ▲すると画像が動画画面内に配置されます。同時にタイムラインも生成されます

②鍵マークのアイコンをタップ

レイヤーに画像を追加したら、追加したレイヤーをタップして選択状態にします(レイヤーの枠が黄色くなります)。この状態で、左側のメニューの中から「鍵マーク」のアイコンをタップしましょう。

キネマスターのタイムライン キネマスター編集画面
▲追加したレイヤーをタップして選択状態に ▲左メニューバーより鍵マークアイコンをタップ

③タイムライン上に編集点を追加

タイムライン上に編集点を作ることができます。そして、その編集点における絵の位置を設定すると、点から点へと絵が移動するアニメーションが自動的に生成されます。

編集点は「〇+」マークをタップすると追加でき「〇ー」マークをタップすると削除できます。なお1つ目の編集点は、2つ目の編集点を作ると自動的にアニメーションの先頭に追加されます。

キネマスターのタイムライン キネマスター編集画面
▲編集点をつけたい所に再生ヘッドの先頭をもってくる ▲鍵マークアイコンで開いた編集画面より「〇+」ボタンをタップし、編集点を追加する

④編集点ごとの絵の配置を指定する

たとえば、「猫のイラストが画面左上から真下に降りてきて、その後右端に向かって移動する、というアニメーション」を作りたい場合、以下のようにします。

編集点と画像の追加
▲編集点1を作り、猫のイラストを画面左上に指定
編集点と画像の追加
▲編集点2を作り、猫のイラストを画面左下に指定
編集点と画像の追加
▲編集点3を作り、猫のイラストを画面右下に指定

動画を再生してアニメーションを確認

①~④までの設定が終わったら、右上のチェックボタンを押して作業を完了し、動画を再生してアニメーションがきちんと動いているか確認してみましょう。

アニメーションの見本
▲猫のイラストが画面左上から真下に降りてきて、その後右端に向かって移動するアニメが完成

アセットのアニメーションを活用する方法

キネマスターのアセットストアには、様々なアニメーション(動く文字や動くイラスト)が用意されています。手動でアニメーションを作るのが面倒な場合は、これらのアセットを活用すると良いでしょう。以下では、実用性の高いおすすめのアセットアニメーションとその使い方を紹介しています。

簡単なアニメーションならテキスト編集画面で

たとえばフェードインやフェードアウト、スライド、点滅など、簡単なアニメーションならば、テキストの編集画面で設定できます。

タイムラインにてテキストが格納されたレイヤーを選択すると、右側にメニューが表示されるので、その中から「アニメーション」または「全体的なアニメーション」または「アウトアニメーション」を選択することで、作成可能です。

アニメーションの設定
▲テキストのレイヤーを選択すると右上の編集画面にアニメーションの設定画面が表示される
アニメーションの設定
▲フェードやスライドなど定番のアニメーションが用意されているので選択しよう

クリップグラフィックで文字を動かす

クリップグラフィックを使用すると、派手な演出の文字アニメーションが作れます。たとえば、画面下から上へ向かって文字が上がってくる映画のエンドロールのようなものや、テキストが回転しながら出てくるようなものなどがあり、特に動画タイトルなどを作りたいときに便利です。

クリップグラフィックは、キネマスター編集画面のタイムラインにてムービーが格納されたレイヤーを選択すると、右側にメニューが表示されるので、その中から「クリップグラフィック」を選択することで、作成可能です。

動きのあるイラストをオーバーレイで追加する

予め動きが付与された、矢印やポインターやアイコンなどのイラストを使うこともできます。

アニメーションイラストは、KineMasterのアセットストアで入手することができ、入手したアニメーションは、編集画面で レイヤー → オーバーレイ で動画に付け加えることが可能です。

 

-動画

Copyright© あったかい水 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.